東京メトロ24時間券で行く東京の桜名所スポット5選

2018年3月24日土曜日

東京の桜が満開という便りを聞きつけ(過去3番目に早い満開らしい)東京メトロで行ける範囲の桜の名所に行って参りました。

昼2時、東京メトロ沿線某駅。東京メトロ24時間券(600円)を購入。

各種一日乗車券

まぁ、簡単に言うと24時間内(日付を跨ぐのも可)であれば何回でも東京メトロが乗り降り可能という優れもの切符。

 

日比谷線 上野駅。

まずは、上野恩賜公園に向かう。下車してからすぐ、人、人、人。たくさんの人で賑わっていた。

上野恩賜公園

西郷隆盛像にご挨拶。

目的である桜はと言うと…

全体的に8分咲きといったところか。(3/24個人的印象)

花見する人、写真を撮る人、日本人、外国人問わず人でごった返していた。桜の季節にわざわざ行く理由はないでしょう。なんで花見をしてストレス解消するつもりなのに、、混雑でストレスせなあかんのかってね。家の近くの桜を見ましょう。

 

上野駅に戻る。

銀座線、東西線を乗り継ぎ、九段下駅へ。ここも下車してから混雑。武道館でなんかやってるのかなーと思う。

千鳥ヶ淵の桜を見に行く。

地上に出ると武道館では法政大学の卒業式が行われていた。それにしても人が多い。少し歩く。

千鳥ヶ淵。

 

7分咲きといったところか。(3/24個人的印象)

本日3月24日から桜のライトアップが始まるらしい。お堀ではボートに乗ってる人達。アクティブも兼ね備えた良いスポットだと思うが、いかんせん駅から人が多い。週末だからだろうか…

 

徒歩で市ヶ谷駅まで向かう。

途中、靖国通り。桜キレイだった。

有楽町線に乗って、江戸川橋駅へ。

地上へ。目の前に桜並木が。神田川の桜並木。人が、、少ない!!

川と高速と桜の構図がなかなか良き。ほとんど満開、9分咲きといったところか。(3/24個人的印象)

スムーズに桜並木を通れると同時に、一息つける場所も完備。なかなか隠れた?桜の名所だと感じました。

 

江戸川橋駅に戻り、有楽町線と副都心線(東横線直通)を乗り継ぎ、中目黒駅へ。

下車した瞬間から人でホームが溢れかえっている。規制退場だ!退場口も指定されている。改札も通れたのは5分後くらいかな。
いざ、目黒川へ!と思っても通行規制。警察も出動していた。

目黒川沿いに辿り着いても人が多すぎて写真を撮る、という状況でもない。来て早々に戻りたくなった。

桜自体はとても綺麗。間隔も狭く、流石は関東を代表する桜の名所だ。写真映えもする。ほぼ満開。(3/24個人的印象)
写真が少ないので、昔撮った目黒川の夜桜を上げる。

3枚ぐらい撮って中目黒駅へ戻る。中目黒駅への戻りも通行規制。

人が多すぎた。地獄。

日比谷線に乗って、六本木駅へ。

東京ミッドタウンに向かう。ガーデンエリアに桜並木が。通称さくら通り。

人も比較的少なく、桜を楽しんでる人達もなんか上品だと感じた。桜は8分咲き。(3/24個人的印象)

花見もキレイな芝生広場があり可能。オシャレなスポットもあり、インスタ映えもできるし、落ち着いて桜を楽しめた。

ミッドタウンで春到来イベント 「CHANDON」限定ラウンジも

 

歩いて乃木坂駅へ。

その隣にある、乃木神社。枝垂れ桜が満開でとても見応えがあった。

 

まだまだ満開の便りが届いた東京の桜ですが、咲いているところ咲いてないところ色々なので、足を運んでみてはいかがでしょうか。

おわり。

 

ブログランキングに参加しています。↓↓のクリックが私の力になります。よろしくお願いします。


にほんブログ村

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。