プロテインバーを自作してみました

こんにちは。おわっっ(@rk_owaaa)です。

 

 

プロテインバー…

 

筋トレやダイエットなどのボディメイクに欠かせないタンパク質の補給源として手軽に愛用してる方も多いと思います。

ただ、プロテインバーって脂質が多いものだったり、値段が高いものも多いですよね。1本あたり200円近くするのもザラにある。間食で食べようと思ったらなかなか出費がかさみます。

 

じゃあどうするか、自作してみよう!って発想ですね。

調べてみたら、お菓子作りに近いものがあるという印象でした。具材も自分の好きなものを選べて納得して作ることができそうです。

 

 

ただ、お菓子作りとかしたことない…

そんなお菓子作り初体験の私がプロテインバーを勢いに任せて作ってみました。果たして、上手く作る事が出来たのか、、早速作り方を紹介していきます!

 

 

 

  参考にしたレシピ

 

「プロテインパー 自作」 など検索すると出てきます。色々なレシピを見て、このレシピを真似てみることにしました。

 

Cpicon 超簡単!プロテインバーケーキ by *えでこ*

 

  用意した具材

  • プロテイン オプチマム(Optimum) ゴールドスタンダードダブルリッチチョコレート 4スクープ 120g
  • おから 150g
  • 玉子 2個
  • 無脂肪乳 100g(目分量)
  • 砂糖 適当

 

プロテインバー材料

 

計12本作成。

理論上のタンパク質 1本あたり12〜3g。

 

 

  作り方

①ボウルに用意した食材を全て入れる

計量器を持ち合わせておらず、おから・牛乳・砂糖・チョコに関しては、ほぼ目分量。

 

②全体がドロドロとなるまでかき混ぜる

 

参考レシピの画像では、かき混ぜた後はパサパサの団子のような形になっているのだが、私が混ぜたものはどう見ても水気が多く感じた。牛乳を入れ過ぎたか。

ここで、プロテイン 1/2(15g)と、おから 50gを追加投入し、再びかき混ぜる。

 

③かき混ぜる間に、電子レンジのオーブンを200℃に温めておく

 

④型にタネを流す

 

型も持ち合わせておらず、耐熱皿の上にキッチンペーパーを轢き、その上に②で作ったタネを流します。

 

⑤200℃のオーブンで30分焼く

ここでは30分焼くと書いてあるが、レシピに則ると12分程焼くと書いていたので、最初のタイマーは12分にセットしていた。

ただ、12分では表面は固まってきていたが、中身はまだドロドロの状態だった。

 

 

残り何分程焼けば良いか分からず、5分間を数回繰り返して焼くと、大体合計30分程で焼き固まった。

 

焼き固まるまでに何度かナイフで型付けは行っていたが、いざ切るとなるとキッチンペーパーにくっついたりしていて一部はボロボロとなってしまったが、大体は棒状となっていて、見た目はプロテインバーのそれっぽくなった。

 

 

 

  食べてみた

色の割に味が、、無い。美味しくも無ければ特段不味い訳でもない。圧倒的に甘さとチョコ感が足りない。
パサパサ感はプロテインバーのそれに近いと言えば近い。ただ、ひとつ言えることは、単におからの存在感が強かったということだ。

 

5段階評価でいうと2ぐらいか。。

 

 

  反省点

おからが多かったからなのか、味が薄いのでカカオ強めのチョコかココアパウダーを加えて味を濃くすべきだと感じた。やりすぎかも、と思うぐらいの味付けが良いのだろう。

おからと無脂肪乳の水分量の調整が出来ていなかったから、なかなか焼き固まらなかった。おからは意外と水分を含んでいる。

 

 

  総評

納得のいく完成形と、見た目以上の薄味。

作り方自体は混ぜて焼くというシンプルなものだったので、レシピと食材さえ揃っていれば誰でも簡単に手作りが出来るのだと感じました。食材も簡単に安く手に入るので、コスパも高いです。

 

作ったあとはラップに包んで冷凍保存。朝ごはんや昼のおやつ、小腹が空いた時など用途に合わせて食べてください。

 

 

初めての自作プロテインバー、及第点あげたいところですが、反省して次に繋がるようまた考案していきたいと思います。

 

意外と気軽に作ることが出来る自作プロテインバー、本当におすすめです。

皆さんのこれからのプロテインライフをより良いものとなる一助になれれば幸いです。

 

 

ご一読ありがとうございました。

 

       
       

 

 

 

 

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。