2017 kitaQフェス(北九州)inTOKYOに行ってきました

東京メトロ銀座線 末広町駅

 

ここから歩いて3分ほどの場所に、アーツ千代田3331があります。

この場所で2017年11月25、26日に開催されていたのが、kitaQフェス

まず、北九州って?と、思った方に、簡単に北九州を説明。

北九州市には門司、小倉北、小倉南、若松、八幡東、八幡西、戸畑の7つの区がある、福岡第2の都市です。公害克服の技術と経験を生かし、環境国際協力や循環型社会づくりを進めるとともに「世界の環境首都」を目指したまちづくりを行っていたり、最近だと平成27年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」が世界文化遺産として登録されましたが、北九州市からは、官営八幡製鐵所関連施設が構成資産に含まれたのも記憶に新しいです。

ようこそ北九州

 

 

この催しを知ったのは、Facebookで流れてきたから。へぇ、東京で北九州についての催しがあるんだなと感心した。まぁ正直、対外向けに開かれていることもホームぺージを見る限り感じ取れていたが、暇だし行ってみるか、ってな感じで足を運んだ。

 

入口でパンフレットを貰い、中へ。

田舎暮らしの本(平成28年8月号)「50歳から住みたい地方ランキング」第1位!

家賃が安い!物価が安い!(東京に比べれば、どこもそうだろ…)災害リスクが少なく安心!豊富な地元ブランド食材!医療福祉が充実!

入ってすぐに、良いことを看板で打ち出していて、まぁそうだよな。こういうところがまず気になりますよねぇと思いながら、他も見て回る。

北九州の名所などを写真で展示。

映画の街・北九州コーナーとして紹介したり

相棒・劇場版Ⅵや図書館戦争、劇場版MOZU、S・最後の警察 奪還などが撮影されていたり

 

YOUは北九州のどこからTOKYOへ?みたいなコーナーがあったり

北九州市の周りを囲む、「北九州都市圏域」も紹介されていたり。

 

 

僕の友達でも何人かいるんですよね。学生時代にカンボジアに行ってた人。「I♡Cambodia」って書いたTシャツ着てるやついた。関係あるのか分からないけど。

 

階段を上ると、ペッ〇ーくんが大量にいた。笑

これ自体はkitaQフェスには全く関係ありません。アルデバラン・アトリエ秋葉原 withSoftBankというAldebaran Robotics Corp.とソフトバンクロボティクス株式会社が運営するPepper の開発を体験できるスペースになっています。

 

屋上では、星空マルシェというイベントが行われていたようだが、もう終わっていた。なにが星空マルシェや…夜だからするんじゃ…(-_-)

そんなこんなで、滞在時間約30分。正直、おおっ!っと思うようなことは無かったかな。一生懸命イベントを開催するまで尽力したんだろうけど、あまり楽しめなかったというか、主催側にも覇気みたいなのが足りなかった気がする。

北九州市では「わっしょい百万夏まつり」っていう夏の一大お祭りをやっていて、その「百万」っていうのは人口が100万人居たからそういう名前が付けられてた気がするんだけど、今となっては95万人らしいからね。(平成29年11月1日現在の推計人口

だからこそ、もっと活気を!という名目で東京という大都市圏で北九州をアピールしていたんだと思うのだが、ただ開催するだけじゃダメだと思う。私みたいな北九州から東京に出てきた人間としては、こういうイベントが開催されることはとても嬉しいし、誰かに教えたくもなる。そこで、何か知ってる人・知らない人問わずグッとくるものがあれば観光でもいいから選択肢の一つにでもなるんじゃないかな。小倉競馬場もあるんだし。(個人的な感想)

 

このイベントは大学生スタッフが一丸となって、作り上げたそうです。そう、北九州から上京した仲間たちが力を合わせて開催しています。(チラシ取り忘れたけど)来年の開催に向けて、学生スタッフを募集していました。Facebookで募集しているので「北九州東京事務所」で検索してみてください。

さまざまな大学の学生に敬意と今後の発展を期待して、筆を置きたいと思います。

 

ブログランキングに参加しています。↓↓のクリックが私の力になります。よろしくお願いします。


にほんブログ村

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。