【競馬観戦記】2017年4月1日 中山競馬 〜ロジチャリス、1着チョリっス

こんにちは。おわっっ(@rk_owaaa)です。

 

 

 

2017年4月1日(土) 中山競馬場

午前中は自宅で競馬観戦。

 

 

午後になって中山競馬場に向かいました。

 

着いたのは6Rの本馬場入場が終わった頃。

いつも持ってきている、野中悠太郎騎手の応援幕を忘れた事に気づく。

 

 

馬券は事前に購入していたので、ゴール前でレースを観る。

 

 

6R。

ファンファーレが鳴り、実況が聞こえる。

「木幡親子4人が初めて同じレースに騎乗します。」

 

 

そうだ、完全に忘れていた。

 

この中山6Rで、木幡親子4人が勢ぞろいしたのだ。

そうなると、足は自ずとウイニングロードに向かう。

 

 

 

結果、

次男 巧也騎乗のリョウランヒーローの2着が最先着だった。

 

 

 

 

レース後には、4人集まって記念撮影が行われていた。

一切見えなかった。こういうところも1競馬ファンとしては見せて欲しいなと思ったり。

 

 

 

 

 

 

 

気を取り直して、続く7R。

 

6Rが終わって、写真を諸々撮っていると、意外と時間が経っていたのでゴール前に直行し、観戦。

 

ルーキー武藤雅騎乗、スビールアスールが勝ったか⁉︎と思わせた入線だったが、ハナ差で石橋脩騎乗、トロピカルスパートが勝った。

 

 

雅くん、惜しかった。

 

8R、パドックへ。

 

まずは、ツクバイーメーカー野中悠太郎をパシャり。

 

 

 

レースは、1番人気のトゥルーウインド田中勝春が1着。

 

2着は2番人気のイントゥザターフ横山典弘だった。

 

 

ツクバイーメーカーも5番人気に推されたが、良いところなく11着に敗れた。

 

 

 

9R。山吹賞。

気になる馬も居らず、小腹が空いていたためスタンド地下1階の「トプカピ」さんの”ポークカレー”を食べた。写真は、撮ってない。

 

チャロネグロが大外から突き抜けた。ゴール前200m付近でカメラを構えていたのだが(丁度、坂を駆け上がるところでスタンドよりコースの方が低いので、撮りやすい)、1枚もチャロネグロを撮れていなかった。脚色が良い馬を瞬時に見極める能力を高めなければ、と思った。。

 

 

10R、千葉日報杯。

このレースもパドックに行かず。

 

1番人気のアドマイヤナイトが勝った。差し馬で、直線は外に出してくれたので追いかけやすかった。が、もう少し、臨場感のある撮り方を追求したいところ。

 

 

 

11R。ダービー卿チャレンジトロフィー。

パドックへ。

 

 

1番人気、キャンベルジュニア。鞍上はA.シュタルケ。

 

 

止まれの合図と共に、目の前にはロイカバードが止まった。

鞍上の横山典弘騎手が、松永幹夫調教師に担がれてロイカバードに乗る瞬間が個人的にツボだった。(笑)

 

レースは、内田博幸騎手騎乗の5番人気のロジチャリスが早目先頭から、追いすがるキャンベルジュニアを1/2馬身振り切ったところがゴールインだった。

 

うーん、もう少し寄って撮りたい。たくさん撮って経験を積まなければ。

 

 

馬券は綺麗に外れたので、スタスタと12Rパドックへ。

シグナリング野中悠太郎。7番人気で、結果は15着だった。

 

レース後、ウイニングロードで引き揚げてくる馬たちは撮らず、そのまま中山競馬場を後にしました。

 

 

 

また、どこかの競馬場で。。

 

 

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。